■2009年04月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■第二巻打ち合わせ中

最近自宅マンションの警報機がよく誤作動を起こし、鳴り続けています。
管理会社に連絡をしたところ、「警報器の音量を落とす」という予想外かつ画期的な方法で解決しやがりました。
お前は、無人交番の数を減らすために交番の数自体を減らした警察か。

今日は凪子さんと「日本人の知らない日本語 第二弾」の打ち合わせ。
打ち合わせは毎回私の日本語勉強会になります。
凪子さんの日本語に関する説明は素人向けに簡易化されていて、とてもわかりやすいのですが、
漫画にするにはもっともっとスーパー簡易化する必要があります。
このスーパー簡易化は私の係なので、ここでミスのないように、私がまず説明をきちんと理解する必要があるのです。
てなわけで居酒屋に、凪子さんチョイスの専門書を山積みして、ひたすら飲みながらひたすら頁をめくり、ひたすら質問してメモを取りつつげらげら笑う。
私たちの打ち合わせはそんな感じです。

素敵なネタをたくさん頂きましたので、頑張って絵にしていきたいと思います。

あ、ページのことを頁って書くのは俗字だそうです。
元々は葉。本の一ページは日本語では一葉と数えます。
「頁」もヨウと読むことから、頁という字を代わりに使い、結果「ページ」という訓ができたようですね。

なぜなに星人な私に、いつも付き合ってくれて資料もくれる凪子さんに感謝。


スポンサーサイト

プロフィール

hebizou

Author:hebizou
蛇蔵
twitterID:nyorozo
コピーライターなのだが
漫画家になりつつあるような
-----------------
近著
コミックエッセイ
「日本人の知らない日本語2」
蛇蔵&海野凪子
(株)メディアファクトリー

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。