■2010年01月

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■お待たせしました

「日本人~」第二巻が2/19に発売になります。たぶんきっと。

気の早いアマゾンさんではもう予約ができるようです。
私の体調不良などありまして、一時はどうなるかと思った第二巻でしたが
なんとか出版までこぎつけました。
支えてくださった皆様に心より感謝。

前回は笑ってもらおうと思って書きましたが、
今回は「買ってよかった」と少しでも満足してもらえたら、と願いながら書きました。
精一杯やりましたので、どうぞよろしくお願いします。

仕事が終わってへろへろしている私を、凪子さんはいつも「おつうみたい」と評します。
そんなに美しくはないと思いますが、自分の毛を抜いて生活するようなタイプであることは確かです。
でも大丈夫!日がまた昇るように、むだ毛はまた生えるんだぜ!
というわけで私のよからぬ毛的な何かを編んでできた反物もとい書籍ですが気が向いたらお手に取ってみてください。
って購読意欲が失せる説明ですみません。
大概は凪子さんの美しい成分で出来ていますからご安心を。

ところで凪子さんと友人Mさんと私の三人で、
「おつうは結局何を織っていたのか」で盛り上がったことがあります。

凪子さん曰く「羽毛布団」

……。
羽を使って最も高額になりそうな繊維系商品って確かに布団よね。
理論的にはそうかもしれんが、絵的に違うだろうよ、と反論しかけた私にMさんが同意。
Mさん「もっと着るイメージのものじゃなかったですか?」
うんうん。
Mさん「羽、編みこんであるんじゃ?ほら、宝塚みたいにふわぁーっと」

……。
江戸時代にそんな浅草サンバカーニバルみたいな衣装買うやつがおるか。



またぼちぼちレスは返していきまーす。
スポンサーサイト

プロフィール

hebizou

Author:hebizou
蛇蔵
twitterID:nyorozo
コピーライターなのだが
漫画家になりつつあるような
-----------------
近著
コミックエッセイ
「日本人の知らない日本語2」
蛇蔵&海野凪子
(株)メディアファクトリー

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。